【縁結び】今、女性に人気のパワースポットは葛原岡神社です【鎌倉】

恋愛成就

縁結びのご利益があるとして最近になってから話題になっている関東のパワースポット。 それが神奈川県鎌倉市にある葛原岡神社です。

kuzuharaoka_rennai01

縁結びのご利益がある鎌倉の恋の神様

葛原岡神社は、葛原岡と呼ばれる源氏山の一角にあります。江戸時代後期の行政家として有名な二宮尊徳の家の楠(くすのき)から彫られた大黒様の像があり、大黒様は縁結びの神様であることから、最近、女性を中心に鎌倉の恋の神様として人気が高まっています。 葛原岡神社の創建は比較的新しく、1887(明治20)年のこと。当時、南北朝時代の南朝を再評価する機運があり、後醍醐天皇に仕えた公家、日野俊基をまつる神社として建てられました。 日野俊基とは鎌倉幕府打倒のために力を尽くし、葛原岡で処刑された後醍醐天皇の側近です。日野俊基は学才にすぐれていたため、葛原岡神社には学業成就のご利益もあるとされています。
出典:葛原岡神社:縁結びのご利益がある鎌倉の恋の神様ー鎌倉風の旅

歴史発見:正中の変と元弘の乱

鎌倉時代も末期になると、土地や財産をめぐる争いが全国各地で発生するなど、制度疲労を起こしていました。そこで、後醍醐天皇は昔の天皇親政へもどそうと活動を始めたものの、1321年に発覚して首謀者が処分されました。 これを正中の変といいます。日野俊基も捕まりましたが、許されました。しかし、1331年、元弘の乱で再びつかまりました。 そして、「秋を待たで葛原岡に消える身の 露のうらみや 世に残るらん」と辞世の歌を詠み、その命は刑場の露と消えました。
 正式名称  葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)
 主祭神  日野俊基(ひの としもと)
 ご利益  縁結び・学業成就
 創建年  1887(明治20)年
場所 神奈川県鎌倉市梶原

コメントを残す

このページの先頭へ