【悪縁切り】【ヒーリング】松尾芭蕉の縁の地!パワースポット感がハンパない!山寺こと宝珠院立石寺 !!【山形県】

 通称「山寺(やまでら)」

今回は、山形県山形市にある人気のパワースポット山寺こと宝珠院立石寺をご紹介します。 松尾芭蕉の縁の地としても知名度がありパワースポット感がハンパない場所です。 縁切り寺としても知られています。

海外からの観光客にも超絶人気のスピチュアルスポットです。

 yamadera01  

由緒

山寺は、正しくは宝珠山立石寺といい、貞観2年(860)清和天皇の勅願のよって慈覚大師が開いた、天台宗のお山。正面の大きな建物は、国指定重要文化財の根本中堂である。延文元年(1356)初代山形城主・斯波兼頼が再建した、入母屋造・5間4面の建物で、ブナ材の建築物では日本最古といわれ、天台宗仏教道場の形式がよく保存されている。堂内には、慈覚大師作と伝える木造薬師如来坐像が安置され、伝教大師が比叡山に灯した灯を立石寺に分けたものを、織田信長の焼打で延暦寺を再建したときには逆に立石寺から分けたという、不滅の法灯を拝することができる。


公式サイト

観光名所としても有名

山寺は「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ松尾芭蕉の句でも有名お寺です。 1000段の石段もあり、頂上までいけば絶景が広がっているので運気も超絶アップする。との情報もあります。
ヒーリング効果も期待でき、観光と併せていきたいスピチュアル&パワースポットです。

yamadera02

 正式名称 宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)
 オススメ 1000段の石段
 ご利益 悪縁切り・ヒーリング他
 創建年 貞観2年(860年)説
場所 山形県山形市山寺

コメントを残す

このページの先頭へ