【熊野本宮大社】3つの大社からなる神社、熊野神社【熊野那智大社】 【熊野速玉大社】

日本に初めて神様が降り立った地熊野本宮大社

熊野神社は、日本最強との呼び声高いパワースポットです。
遙かなる昔のこと、日本に初めて神様が降り立った地が、熊野本宮大社と言われています。
熊野神社という名称の神社はなく、熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の3つからなる神社のことを熊野三社、もしくは熊野神社という愛称で呼ばれています。

大斎原の鳥居

熊野神社のパワースポットは本殿や境内だけではありません。
熊野本宮大社から車で五分ほど離れたところにある、大斎原と呼ばれる開けた原っぱのような場所があります。
実はここ、元々熊野本宮大社があった場所なのです。
つまり日本に神様が最初に降り立った場所なのです。
現在残っているのは大きな鳥居だけですが、霊感がない人でも大きなパワーを感じることができる場所と言われています。
社殿がなくなってしまったのは明治の頃の大水害。
大きな水害によって社殿が流されてしまい、現在の場所に新たに熊野本宮大社が建立されました。

・最後に

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を巡る三社参りは、古来より日本人にとって大きな力を得られるパワースポットとして親しまれてきました。
現在でも熊野神社を巡る三社参りは盛んに行われているので、ぜひとも挑戦してもらいたいと思います。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。 当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ