【勝負強さ】ヤマトタケルのお墓!パワースポット白鳥古墳(しろとりこふん)【大願成就】

ヤマトタケルのお墓

白鳥古墳(しろとりこふん)は、ヤマトタケルのお墓として、とても強い力を持ったパワースポットです。
一般的には白鳥御陵(しろとりごりょう)とも呼ばれています。
創建されたのは、前方後円墳であることから、6世紀初頭頃と言われていますが、詳しい創建時代は不明とされています。
以前は、法持寺が管理していた経歴がありますが、明治9年に熱田神宮に管理が移管し、戦後には名古屋市に管理が移管されました。

「wikipediaより」

死後、白鳥となったヤマトタケル

ヤマトタケルは死後、白鳥となって白鳥古墳に舞い降りた地として伝えられていることから、ヤマトタケルのお墓とされています。
白鳥古墳の「白鳥」は、白鳥になったヤマトタケルを表しているのです。
しかし、時代によって考え方も変わっていき、現在では尾張氏のお墓とも考えられています。
ヤマトタケルは日本神話で大活躍した英雄なので、その御利益は勝負強さや大願成就とされています。
どんな願いでも叶えてくれる力があるので、白鳥古墳を訪れる際は、具体的なお願いごとをしてみることをおすすめします。

・最後に

ヤマトタケルにまつわる寺社仏閣は日本全国にありますが、ヤマトタケルのお墓とされているのは、日本広しと言えどここ白鳥古墳だけです。
名古屋市熱田区に訪れた際はぜひ立ち寄ってみて欲しいパワースポットです。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。 当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ