【岐阜】歴史の古さでは日本随一のパワースポット南宮大社【温泉】

南宮大社の歴史

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町に鎮座する神社です。
創建されたのは、初代天皇である神武天皇の頃と言われており、歴史の古さでは、日本随一のパワースポットです。
御祭神は、金山彦命(カナヤマヒコノミコト)を祀っていますが、関ヶ原の戦いによって、本殿は一度焼失しています。
現在の南宮大社は、徳川家光によって再建されたものであり、朱色の鮮やかな建物が並ぶ光景は、一見の価値があります。

南宮大社の御利益

南宮大社のパワースポットとしての御利益は、金属業の仕事をしている方の立身出世などがあります。
これは、御祭神である金山彦命の御利益でもあります。もちろん、金属業に従事していない方にも御利益がありますので、安心して参拝していただければと思います。
より強い御利益を求める場合は、お近くの温泉に入ってから帰ると、より一層強いパワーを授かることができると言われています。

・最後に

南宮大社は地属性のパワースポットです。
全国の金属業や鉱山業に従事している方から、多くの崇敬を集めている神社ですが、同時に地域の方からも愛されている神社でもあります。
参拝するときは、自分の名前と住所も一緒に唱えると、より高い御利益に期待できます。
同時に、神様への日頃の感謝も忘れず伝えることも大切です。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ