【高知】水属性の人必見!強い水のエネルギーを貰えるパワースポット四万十川【観光】

日本最後の清流四万十川

四万十川は、本流に大きなダムがないことから、日本最後の清流と呼ばれています。
四国最長の大河で、源流から下流までさまざまな観光スポットが点在しています。
今回はそんな四万十川のパワースポットの魅力について紹介しています。

四万十川は重要文化財景観

四万十川は名水百選にも選ばれており、200種類もの水性生物が生息しています。
四万十川の源流を辿ると、高知県高岡群の不入山(いらずやま)に行き着き、全長は196キロにも及びます。

その景観は、まさに自然そのものであり、四万十川に行くだけで心身共にリフレッシュできると言われています。

四万十川のパワースポット

四万十川の長い渓流の中で、いったいどこがパワースポットなのか?と聞かれると、その全てがパワースポットですとお答えします。

四万十川は水のパワースポットなので、源流、上流、中流、下流、その全てがパワースポットとなっています。
行きたい観光スポットと合わせて四万十川のエネルギーを受け取ることができます。

源流には四国カルストや天狗高原、四万十源流の森などがあり、上流域一帯には温泉やキャンプ場が点在しています。

上流一帯は、春から夏にかけてキャンプや渓流釣りを楽しむ観光客で賑わいを見せています。

中流にはカヌーやボート、キャンプなどアウトドアが盛んに行われています。
下流域にはトンボ自然公園、佐田の沈下橋など多数の見どころがあります。

四万十川にはたくさんの観光スポットがありますので、行きたい観光スポットでたくさん遊び、四万十川の水のエネルギーも受け取ると一石二鳥ですね。

四万十川を訪れるタイミング

四万十川の水のエネルギーがもっとも高いときは、水が澄んでいるときです。
なので、雨が長期間降っていないタイミングで行くと水も澄み渡っていますので、四万十川を訪れるタイミングとしては最高です。

逆に雨が降った翌日などは、水が濁っているので、水のエネルギーも弱ってしまいます。
四万十川を訪れるときは、天気予報をチェックしてからいきましょう。

・最後に

四万十川は非常に強い水のエネルギーを持っているパワースポットです。
全長がとても長いため、たくさんの人が同時に水のエネルギーを受け取ることができます。

観光スポットなどで楽しみながら、合間に四万十川を眺めたり、川遊びをしたりして、心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

楽しいことをしながらリフレッシュできるので、1人で行くより、家族連れか友達同士、カップルで訪れるとより楽しめます。

コメントを残す

このページの先頭へ