【京都】千本鳥居で有名なパワースポット伏見稲荷大社!一番パワーのある場所とは?【風属性】

外国人にも人気の伏見稲荷大社

初詣や外国人観光客で大賑わいの京都の観光スポット、伏見稲荷大社。
言わずと知れた千本鳥居はフォトジェニックなスポットとして、若い方から観光客まで幅広い層に愛されています。

今回はそんな伏見稲荷大社のパワースポットとしても魅力を紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

伏見稲荷大社の由来

伏見稲荷大社は京都市伏見区に鎮座する神社で、全国に約3万社ある稲荷神社の総本社になります。
稲荷山のふもとに本殿があり、稲荷山全体を神域としていることから、境内にはたくさんの狐の像があります。

御祭神には食物の神として知られている宇迦之御魂(うかのみたまのおおかみ)が、祀られているため、古くは江戸時代の頃から五穀豊穣、商売繁盛の神社として全国に知られていました。

伏見稲荷大社の由来は711年頃から始まります。
秦伊呂具(はたのいろぐ)が餅を的にして矢を放ったところ、その餅が白鳥に姿を変え、稲荷山の峰へ飛んでいき、その地に稲が生えたという伝承が残っています。

秦伊呂具は神様がなされたことだと思い、その地に社を建てたことが、伏見稲荷大社の始まりと言われています。

伏見稲荷大社のパワースポット

最初に紹介するのは、伏見稲荷大社の代名詞とも言える千本鳥居です。「鳥居を通る」と「願いを通る」を掛けているので、千本鳥居を通りながら心願成就・商売繁盛を願うと御利益があると言われています。

次におもかる石です。この石も千本鳥居と同様に認知度が高いパワースポットです。2つ並んだ石灯籠の前に立ち、どちらかの灯籠の空輪を持ち上げてみて、予想よりも軽かったら願い事が叶うと言われています。予想よりも重かったら、願い事が叶わないと言われています。

最後に熊鷹神社を紹介します。熊鷹神社はこだま池のすぐそばにあります。
絶えずろうそくの炎が燃えていて、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

実は熊鷹神社こそが、伏見稲荷大社の中で一番強いエネルギーがあると言われているので、しっかり参拝しておきたいところです。
特に勝負事に関する願いに御利益があると言われているので、これから大きな勝負に出る人は熊鷹神社から良いエネルギーを分けてもらいましょう。

・最後に

伏見稲荷大社のパワースポットの魅力について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
伏見稲荷大社は風属性と相性のいいパワースポットです。
風属性と相性の良い方にはもちろんですが、そうでない方にとっても伏見稲荷大社は一度は見ておきたい観光地でもあります。
これから伏見稲荷大社に行く方の参考になれば幸いです。

伏見稲荷大社は観光客が非常に多いので、できるなら平日の昼間に行くと、混雑を避けられますので、ぜひ覚えておいてください。

コメントを残す

このページの先頭へ