【空属性】チケット当選の縁も結ぶ?縁結びの力の強いパワースポット桜井神社【福岡】

今注目のパワースポット桜井神社

今、注目が集まっている福岡県糸島市にあるパワースポット「桜井神社」。
パワースポットとはご利益が期待できる場所をいいますが、桜井神社にはどんな効能やご利益があるのでしょうか。
注目された理由も紹介します。

桜井神社の由来

桜井神社は江戸時代の寛永9年(1632年)に創建されました。
創建したのは筑前国の藩主である黒田忠之です。以来長らく筑前の守護神として親しまれています。
御祭神は神直日神(かむなおひのかみ)、大直日神(おおなおひのかみ)、八十枉津日神(やそまがつひのかみ)の3神で、これは古事記や日本書紀にも登場します。
災厄を司り祓い清める神様です。

逸話として創建の20年前、筑前国を二日に渡る大雷雨が襲いました。
雷は岩戸神窟を貫き、ここに御神霊が顕現されたといいます。
その噂を聞きつけた黒田忠之が家臣を派遣し、御印を発見して今の桜井神社を創建することにしたそうです。

本殿と拝殿、そして楼門は当時の姿がそのまま保存され、福岡県の重要文化財に指定されています。
江戸時代の建物がそのまま残り、その重厚さは江戸時代にタイムスリップしたようです。
桜井神社はイザナギとイザナミの神話にも関係しており、あらゆる縁を結ぶと言われることから、パワースポットとなりました。

桜井神社のパワースポットについて

桜井神社の注目が集まったのは国民的アイドルグループがこの神社を紹介したことによります。
神社の名前とアイドルの名前も一致していることから、ファンの女性たちが一斉に神社に駆けつけました。
高倍率コンサートのチケットの当選祈願にもよく訪問するといいます。

桜井神社は境内全体がパワースポットです。
本殿はもちろんのこと、雷が落ちた岩戸宮や内宮と外宮を一体化している神明造りの桜井大神宮など神聖で静寂な気持ちになる場所がいっぱいあります。
桜井神社から数分の桜井二見ヶ浦も聖なる場所として知られ、一緒に訪れておきたいスポットです。
夕日が二つの島の間に沈むところは「夕日の桜井二見ヶ浦」と呼ばれています。

パワースポットには繭気属性(けんきぞくせい)という自然の五元素(空・地・水・火・風)から取られた属性が振り分けられていますが、桜井神社は空属性になります。
空属性は水や火の属性と相性が良いので、二つの属性の場所に行けば相乗効果が期待できます。

桜井神社のパワースポットを紹介しましたが、ここは雰囲気のあるスポットが多く、自然が色づく秋の訪問もおすすめです。
そのため観光地としても充分魅力的です。もちろんパワーももらえるので、何かお願いごとがあればぜひ訪問してください。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ