【風属性】CMで有名に?光の道が見られるパワースポット宮地嶽神社【大願成就】

CMに起用されたこともあるパワースポット

宮地嶽神社は、JALや嵐のCMによってその名前を一気に全国に知らしめた神社です。
光の道で有名な神社ですが、見どころは光の道だけではなく、本殿にもあります。
ここでは宮地嶽神社のパワースポットとしての魅力を紹介しています。

宮地嶽神社の由来

宮地嶽神社が建立されたのは、今から約1600年前と言われています。
大注連縄、大太鼓、大鈴の3つの日本一があることでも有名ですが、この神社の魅力はそれだけではありません。
ここは古来より信仰が集まったパワースポットなのです。

神社から海へとまっすぐに続く参道は、10月と2月の年に2回、その真正面に太陽が沈みます。
これがあの光の道です。この期間になるとその様子をカメラに収めようとする観光客が大勢訪れるため、パワースポット巡りをするには少し向いていない期間とも言えます。

宮地嶽神社のパワースポット

宮地嶽神社には神功皇后を主祭神とし、勝村大神、勝頼大神を配祀する本殿の他に、奥宮八社と呼ばれる社が祀られています。
一社一社お参りすれば、大願が叶うと伝えられています。古来より多くの人が参拝しています。

  • 一番社・七福神社→福を運ぶ七福神
  • 二番社・稲荷神社→食物とお米の方策を守る神様
  • 三番社・不動神社→災いや厄を除く神社
  • 四番社・万地蔵尊→子供達の守り神
  • 五番社・恋の宮→女性の心身内外をお守りする神様
  • 六番社・三宝荒神→かまど、火除けの神様
  • 七番社・水神社→水が延々と湧き続ける龍神様
  • 八番社・薬師神社→あらゆる病難から救う神様

以上のような御利益があると伝えられていますので、宮地嶽神社を参拝する際は、奥宮八社も併せて参拝するとなお良いでしょう

参拝する季節は特に決まりはありませんが、光の道を見たいなら、10月or2月がおすすめです。
ただし、先ほどの紹介したとおり、非常に大勢の観光客が押し寄せますので、静かな気持ちで参拝したい方は、別の時期に参拝することをおすすめします。

最後に

宮地嶽神社のパワースポットとしての魅力を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
光の道はもちろんのこと、さまざまな魅力が伝わっていれば幸いです。

参拝するタイミングによっては、非常に大勢の参拝客がいますので、光の道を見にいくのか、パワースポットとしての御利益をいただきに行くのか、目的を明確にしてから参拝すると良いでしょう。

また、毎年1月下旬に開運桜という季節外れの桜も咲きます。
色々と目を楽しませてくれるのが、宮地嶽神社の大きな魅力ではないでしょうか。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

スポット判定

コメントを残す

このページの先頭へ