【開運】【勝運】千葉県ナンバーワンの強力パワースポット香取神宮!!【千葉県】

千葉県ナンバーワンの強力パワースポット

勝負事の神様として有名な神社です。そして千葉県内でも1番の霊力を誇るスピチュアルスポットでもあり、スポーツなどの勝負運や恋愛まで勝ちたい時にご利益を期待できます。

 katorijinngu

由緒

香取の御祭神経津主大神(ふつぬしのおおかみ)は、この神話に出てくる神様なのです。
 神話の内容は、はるか昔、天照大神(伊勢神宮・内宮の御祭神)が日本の国を治めようとしましたが、荒ぶる神々が争い、乱れていました。
 大御神は八百万神に相談すると、天穂日命(あめのほひのみこと)がすぐれた神であるということで遣わされましたが、  出雲国の大国主神(おおくにぬ しのかみ)に従ってしまったので、次に天稚彦(あめのわかひこ)が遣わされました。 天稚彦もまた忠誠の心なく、 顯國玉神(うつしくにたまのかみ)の娘の下照姫(したてるひめ)を妻として、自ずから国を乗っ取ろうとしましたが、亡くなってしまいました。
 このようなことが二度つづいたので、大御神が八百万神に慎重に相談させると、神々が口を揃えて、経津主神こそふさわしいと申し上げました。 そこへ武甕槌大神(たけみかづちのかみ・鹿島神宮の御祭神)が申し出られたので、 共に出雲に派遣されることになりました。
 経津主、武甕槌の二神は出雲国の稲佐の小汀(いなさのおはま)に着いて十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて逆さに突き立て、武威を示されると 大国主神は大御神の御命令に全く異議はありませんということで、平国の広矛(くにむけのひろほこ)を受け取り、二神は日本の国を平定して、大御神の元へ復命されたのです。 

出典:香取神宮公式サイトより

神話にも出てくる神様

「出雲の国譲り神話」にも出てくる経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が祀られています。

 正式名称 香取神宮(かとりじんぐう)
 主祭神 経津主大神(ふつぬしのおおかみ)
 ご利益 開運・勝運他
 創建年  不明
場所 千葉県香取市香取

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

スポット判定

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ