【様々なご利益】御岩山全体がご神域!絶対に行っておきたい人気のパワースポットは御岩神社です【日立市】

様々なご利益

様々なご利益がある日本でも珍しいパワースポットです。 それが茨城県日立市にある御岩神社です。

 oiwasa

御岩山(かびれ山)全体がご神域

創建の時期は不明ですが、縄文晩期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(721年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」とされる事から、古代より信仰の聖地であった事が窺えます。 御祭神は国之常立神 大国主神 伊邪那岐神 伊邪那美神 大山祗神 ほか20柱  御岩山総祭神188柱を祀り、中世には山岳信仰とともに神仏混淆の霊場となり、 江戸時代に至っては水戸藩初代徳川頼房公により出羽三山を勧請し水戸藩の国峰と位置づけ、徳川光圀公(水戸黄門さま)など藩主代々参拝を常例とする祈願所でありました。  仏像の現存、境内の遺跡、祭事内容など古代信仰(古神道)、神仏習合色が色濃く残り、「神仏を祀る唯一の社」として、他の神社、寺院に見られない独自の信仰を伝えております。
出典:御岩神社公式ホームページ

神仏を祀る唯一の社

神社なのに仏像がある。神仏習合色が色濃く残り「神仏を祀る唯一の社」と言われている。人生ベスト3に入る素晴らしいパワースポット。国常立尊、大国主命、イザナギノミコト、イザナミノミコトなどそうそうたる神々がお祀りされている。御岩山(かびれ山)全体がご神域になっており188柱もの神様を祀っているという。
出典:御岩神社パワースポット | パワースポットのご利益
 正式名称  御岩神社(おいわじんじゃ)
 主祭神  国常立尊(くにのとこたちのみこと)
 ご利益  様々
 創建年  不明
場所 茨城県日立市入四間町

日本最強パワースポットともいわれる所以

茨城県日立市にある御岩神社は、境内に立ち入っただけでもガラリと雰囲気が変わるほどパワーを感じることができる神社で、日本最強パワースポットとも言われています。

日本最強と言われるのには様々な所以がありますが、その中でもかつて日本人宇宙飛行士が宇宙から地球を眺めた時に、日本のとある場所で強い光の柱が立っているのが見え、その場所を調べたところそれは日立の山の中、そしてそれがまさに御岩神社だったというエピソードが語られています。日本人宇宙飛行士の他にもこの光を目撃した人がいるなど、多くのエピソードがあるようです。

たくさんの神様が!?

御岩神社には、御祭神として国之常立神、大国主神、大山祗神など188柱もの神々が祀られており、いわばここを訪れるだけで日本中の神々に参拝することができると言っても過言ではありません。

仁王門のところに描かれている「御岩山霊場図」でも、それら188もの神々の様子を見ることができますが、仁王像と言えば仏教の守護神、ここでも神と仏の融合を体感することができます。神、仏が入り混じる神仏習合という複雑な信仰体系を持ち、さらには祖霊が一緒に祀られているのも御岩神社ならではの珍しい特長です。

建物の名称から実際の祀られ方までいたるところにこの神仏習合色が表れているため、それらに注目しながら見て回るのも興味深く、おすすめです。

樹齢600年の三本杉の御神木

御岩神社の御神木は茨城県の指定天然記念物にもなっている樹齢600年の三本杉で、高さは50メートルにまで及びます。山道を進んで行くとすぐ右手に見ることができ、そこから放たれる強いエネルギーを感じることができます。かつてこの三叉になった部分には天狗が住んでおり、周囲の人々を驚かしていたという逸話も伝わっており、今でもその名残があるような空気感が漂っています。

この御神木からパワーをもらうには、遠くから眺める、周囲を回る、そして手を合わせて祈るなどの方法がおすすめです。より強いパワーをもらいたいがためについつい触れてしまう人も少なくありませんが、御神木の多くは人に触られるのを嫌うため、せっかくのご利益が逆効果になってしまうこともあるので気を付けましょう。また、この杉の葉を持ち帰って焚くと気が狂うという逸話もあるためうっかり持ち帰ってしまわないよう要注意です。

まとめ

今回は、人気のパワースポットは御岩神社をご紹介させて頂きました。

もし、時間がございましたら茨城県日立市にある御岩神社に足を運んでみてください。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ