【大分】竜の伝説の町、湯布院のパワースポット

縁結びならココ!樹齢1000年の国指定天然記念物の「大杵社の大杉」

大杵社の大杉は大分県湯布院にある国内有数のパワースポットです。

樹齢1000年、高さ38m、幹周りは10m以上あり、国の天然記念物に指定されています。

 

大杵社の大杉の由来

大杵社は宇奈岐日女をまつる神社の末社。

大杵社の境内には杉の大木が複数本あり、この杉が神木で一番の大木です。 幹の裏側に大きな空洞があります。

中には畳が三枚も敷けるほどの広さがあり、神像が納められ、開口部には格子が嵌っています。 

中を詳しく見てみたくなりますが禁止されています。

大杵社の大杉のパワースポット、ご利益

大杵社は特に縁結びのご利益が多いとされています。

大杵社の大杉の樹勢は未だに衰えず毎年春になると元気よく枝の先から新しい芽をだしています。

森のマイナスイオンと大杉のパワーがもらえるパワースポットです。

 

湯気が立ち上げり、金の魚が?湯布院ナンバー1の観光地&パワースポット【金鱗湖】

金鱗湖は大分県湯布院の商店街のメインストリートの最果てにある湖です。

道中の商店街は観光客でにぎわっており、大分の特産品や食べ歩きの店が陳列しています。

湖の近くには小川がながれており、とても水が澄んでいて魚も目視できます。

金鱗湖にはアヒルもおり、観光客を和ませてくれます。

 

歩くのがつらい方は人力車がありますのでおすすめです。

穴場スポットやガイドをしてくれます。

金鱗湖の由来


金鱗湖という名前は江戸末期~明治初期に活躍した毛利空桑という儒学者が湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたといわれています。

湖底から清水と温泉が湧いていると言われており、年間を通じて水温が高いです。

そのため、冬は湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。

特に朝霞は名物になるほど綺麗ですので、金鱗湖に行くときは早起きしていった方がおすすめです。

由布院の伝説

由布院は大きな盆地になっているのですが

それに由来した伝説が存在します。

 

由布院の盆地は昔、大きな湖だったらしく、

由布岳の女神である宇奈岐日女神(うなきひめのかみ)は湖を見下ろし、

「この湖を干せば底から肥沃な土地が現われよう。人が住みつき、美田が生まれ、多くの者が幸せで豊かな生活をおくれるだろう。巨人よ。お前のあらん限りの力で、この湖の壁の一角を破ってみよ」と配下の巨人「蹴裂権現」に命じた。

蹴裂権現が、西の湖壁を蹴り裂いて水を抜き、由布院盆地が現れたという。※抜かれた水の跡で大分川ができた。

ただ湖で暮らしていた竜がおり、湖がなくなったことにより神通力を失ってしまった。

竜は「私は、長い間この湖に住んでいた竜です。この地に少しばかりの安住の地を与えてください。そうしてくだされば、ここに清水を湧き出させ、永くこの地を護りましょう」

と訴えました。

天祖神はそれを受け入れ金鱗湖が残されたとされています。

竜は天祖神との約束を守り、現在も金鱗湖では清水が滾々と湧き出ているといいます。

 

この伝説のすごいところは地理やパワースポットが伝説のとおりであることです。

湯布院の盆地、湖の水が流れた先に大分川、竜の安住の地金鱗湖、金鱗湖から湧き出している清水、宇奈岐日女神由来の神社、蹴裂権現由来の神社など

本当にあった伝説だと思い知らされます。

※狭霧台からの湯布院の風景雲海が伝説の湖のようにみえます。

 

伝説に登場した「宇奈岐日女神」由来の神社

宇奈岐日女神社

宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ、うなきひめじんじゃ)は、国常立尊をはじめとする六柱を祭神とすることから別称「六所宮」と呼ばれています。

宇奈岐日女神から名前をとったされていますが定かではありません。

■六柱

国常立尊 (くにとこたちのみこと)、国狭槌尊 (くにさつちのみこと)、彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと)、彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊 (ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)、神倭磐余彦尊 (かむやまといわれひこのみこと、初代神武天皇)、神渟名川耳尊 (かむぬなかわみみのみこと、第2代綏靖天皇)

 

まとめ

伝説が紐づいていろいろなパワースポットがある湯布院。

湯布院全体がパワースポットではないかと思うくらい空気が澄んでおり、神秘的な風景に囲まれております。

今回はご紹介はできませんでしたが有名な温泉や宿もたくさんありますので是非、訪れてみてくださいね。

 

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ