アメリカでパワースポット巡りするならセドナは外せない!

日本でも、週末の小旅行などでパワースポット巡りに出かける人が増えてきています。日本国内のパワースポットだけでも充分なリフレッシュにつながりますが、せっかくですから時には海外に出て、日本とはまったく違う空気のなかで心と体を存分に癒してあげましょう!この記事では、海外のパワースポットとして特に人気の高いアメリカのセドナの魅力について詳しい経路や街並みの様子について具体的にお伝えしていきます。「雄大なパワースポットでたっぷりエネルギーをもらいたい!」、「まとまった休みに出かけられるパワースポットが見つからない!」という方はぜひとも参考になさってください。


セドナってどんな街?また行き方は?

日本からアメリカ、セドナに向かう経路としてはいくつかのパターンがありますが、どの経路を選んだとしてもおよそ片道で15時間程度はかかります。初心者向けの経路には、シアトルタコマ国際空港からフェニックススカイハーバー空港か、ロサンゼルス経由でフェニックススカイハーバー空港まで、というふたつのルートがおすすめです。どちらのルートを選んだとしても最終目的地の空港からセドナまでは直行便のシャトルバスが出ており、空港からセドナまでは陸移動で約2時間程度かかります。

アメリカのパワースポットセドナ1

日本からは片道15時間と決して近場とは言えないセドナですが、世界でも有数のパワースポットであり、日本はもちろんのこと世界各国から観光客が1年を通してひっきりなしに訪れるほどの人気観光スポットともなっています。街の中心部には観光客向けのインフォメーションセンターがありますので、パワースポット初心者でも道に迷ったり、あぶない目に遭ったりすることがありません。 ただ、やはりそこはアメリカ。飛行機の大幅なアクシデントなど、道中での予期せぬアクシデントもきちんと想定しておきましょう。季節によってはフェニックススカイハーバー空港行きの飛行機が3時間以上遅れることも決してめずらしくはなく、ホテルへの到着が翌日になってしまうことも往々にしてあるようです。 ただ、勇気を出していってしまえばセドナは隅々まで快適で、エネルギーがもらえるステキな街ですので、皆さんも一度足を運んでみましょう。


セドナに行く際の注意点

アメリカのセドナには初心者向けのインフォメーションセンターもあり、街並みも落ち着いていて初心者向けのパワースポットとして人気なのですが、やはり日本からは片道で15時間以上かかるということで、足を運ぶにあたってはいくつかの注意点をあらかじめふまえておかなくてはなりません。

アメリカのパワースポットセドナ2

何よりもまず、初心者は手荷物の紛失や盗難に注意しましょう。セドナが格別に治安が悪い、というわけではありませんが、それでも、日本と同じような感覚でうっかり荷物をどこかに置きっぱなしにするのは非常に危険です。他人を疑うのではなく、他人を不必要に疑わなくていいようにするために、手荷物はつねに肌身離さず携帯しておく、という基本を心がけましょう。特に、携帯電話や財布、女性であればイヤリングやピアスなど高価で取引されるようなアイテムはきちんと自己管理を徹底し、紛失のリスクを最小限におさえましょう。 また、保険の加入も必須です。初めての海外旅行の場合、保険への加入をうっかり忘れてしまうケースがありますが、それはNGです。自分がどんなに気をつけていても、海外旅行では予想外のアクシデントやトラブルがつきものです。それは決して、荷物を盗まれる、ということばかりでなく、ホテルなどで荷物を紛失したり、現地でケガや病気をしたりと、慣れない土地ではあらゆるハプニングを頭に入れておかなくてはなりません。旅行代理店を通してチケットを申し込んでいる場合は保険の案内も同時に受けられますので、飛行機を手配する前に必ずチェックしておきましょう。


セドナの歴史

セドナはもともと、ネイティブアメリカンの聖地として発展してきました。異なる部族がともに暮らし、定期的な儀式を通して交流を深めていたのですが、落ち着いた土地柄であったセドナに白人たちが目をつけ、先住民であるネイティブアメリカンを一掃することでこの地を占領しました。その後、セドナの温暖な気候を利用した牧畜および果実栽培がさかんとなり、白人たち専用の郵便局として「セオドア・カールトン・ジュネプリー」が設置され、この「セオドア」がのちのセドナの語源になったと言われています。ちなみに、郵便局の名前は当時の郵便局長の妻の名前に由来するとのこと。つまりセドナとは、この地を開拓した郵便局長にゆかりのある地名と言えますね。

アメリカのパワースポットセドナ3

その後、ひとりの超能力者「ペイジ・ブライアント」がセドナを訪れ、この地には4つの渦を中心に不思議なエネルギーが蓄えられていることを発見します。この渦は「ボルテックス」と名づけられ、現在でもパワースポットの王道として定着しています。


セドナのパワースポット

世界でも有数のパワースポットとして知られるアメリカのセドナには、初心者の方にもぜひともおすすめしたいボルテックスがいくつもあります。

アメリカのパワースポットセドナ4

単純に行きやすさで選ぶなら、何といっても「エアポートメサ」でしょう。セドナの市街地から車でわずか15分という近距離なので、「パワースポットには行きたいけどわざわざ何時間も移動したくない!」という方にはおすすめです。夕陽にも映えるエアポートメサの凛々しい稜線はまさに絶景で、単純に観光気分で足を運んでもきっと神聖な気分になるはずです。 街の中心部からは多少距離はありますが、「ベルロック」もまた第二のボルテックスと言われています。その形が遠目から見て呼び鈴に見えることからベルロックと呼ばれるようになり、行くだけでパワーがもらえる、と評判です。 皆さんも自分に合ったボルテックスを見つけて、気分を思いきりリフレッシュしましょう!


セドナで買えるパワースポットグッズ

パワースポットであるセドナに行ったなら、ぜひともグッズを買ってそのエネルギーをより身近なものとして体感しましょう!セドナで買えるパワースポットグッズの代名詞としては、ブレスレットがあります。ブレスレットにはセドナのボルテックスに充満するパワースポットとしてのエネルギーが封印されており、身につけておくだけで自然のパワースポットエネルギーが発散され、あなた自身をネガティブなエネルギーから守ってくれます。

アメリカのパワースポットセドナ5

最近ではオンラインショップでも手軽にセドナのパワースポットグッズをオーダーできるようになっていますが、できれば現地までしっかりと足を運んで、セドナならではのおパワースポットエネルギーを体感したうえでグッズをそろえたほうが気分のリフレッシュにつながります。


まとめ

セドナのパワースポットとしての魅力についてお伝えしました。日本からは片道15時間以上もかかるということで決して近場とは言えませんが、現地には便利なインフォメーションセンターがあり、治安も比較的安定しているためパワースポット初心者の方にとっても安心しておすすめできるボルテックスとなっています。現地に行ったらできればブレスレットなどのグッズを購入し、天然のスピリチュアルエネルギーを存分に取り入れましょう。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ