夏休み!海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット10選

夏休みの計画はもう立てていますか?海外旅行をする!海外に行きたい!という方も多いのではないでしょうか。旅行ついでにパワースポット巡り、パワースポット目当てに旅行計画を立てるのも良いですね。探してみると、きっと旅先に言い伝えのある場所だったり、神聖な地とされる場所だったりがあるはずです。 今回は特におすすめの、是非行ってもらいたいスポット10選をご紹介したいと思います。旅の計画の参考にしてみてくださいね。旅先でのパワースポット巡りをおすすめしたいのは、相乗効果が期待できるからです。旅行の楽しさも相まって、最高の癒し効果が得られ、そして大きなパワーが感じられること間違いなしです。


グランストンベリー

「グランストンベリー」は、イングランド南西のサマーセット州にある町の名称です。ロンドンから車で約4時間ほどの場所です。町の中にはたくさんのパワースポットがあると言われます。静かな田舎町といった雰囲気なのですが、グランストンベリーは「イギリス屈指のパワースポット」と名高いのです。アーサー王伝説やキリスト教の聖杯伝説など、町には様々な言い伝えが残っています。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット1

また、グラストンベリーの神秘性が最も強いとされる場所は、「グラストンベリー・トー」という小高い丘です。ここは 町で最も人気のある観光スポットです。小さな町なので、町中の至る場所からその丘を目にすることができるほどです。そしてこの丘の頂上には、屋根のない旧聖ミカエル教会が残っています。 このイングランド最古とされる教会跡には、神秘的なパワーが満ちていると訪れる方々が多くいます。非常に幻想的ともいえる風景で、古代の神秘信仰の中心だったことが感じられます。この丘に登れば、ミステリアスで強大なパワーがいただけることでしょう。またここがイングランド屈指のパワースポットと言われる所以は、この丘こそがアーサー王伝説に登場する伝説の島「アヴァロン」だと言われることにもあります。


ウユニ塩湖

「ウユニ塩湖」はすっかり海外の有名スポットとして定着しつつあるかもしれません。その名称を耳にしたり、画像や映像などを目にしたりしたことがあるのではないでしょうか。湖面が空を美しくはっきりと映すことから、「天空の鏡」とも呼ばれています。ただ「湖面」と言いましたが、実はウユニ塩湖は湖ではなく平原だという事を存じでしょうか。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット2

ウユニ塩湖は南米ボリビアにあり、標高4000mほどの野原にひろがる塩の平原です。面積約10,582?、高低差は5センチと、世界で最も広く平らな場所と言われています。ウユニ「塩湖」と言われるのは、雨季になると水がたまり、それが湖のように見えることが由来しています。そのため、ここを訪れるベストシーズンは、12月~4月までの雨季となります。 その時期限定で目にすることのできる、天と地の境目がないようにも見えるその景色はまさしく絶景。「死ぬまでに訪れたい絶景観光スポット」としても名高いというのもうなずけます。SNS映えする情景の美しさだけでなく、ここを訪れると強大なパワーがもらえるとも言われており、世界屈指のパワースポットとしてもランキング上位を誇る場所です。


モン・サン・ミッシェル

フランスの有名観光地の1つとして、「モン・サン・ミッシェル」が挙げられるかと思います。パリから3~4時間ほどのところにあるモン・サン・ミッシェルは、海外旅行で訪れたいスポットとしても安定した人気を誇る場所です。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット3

モン・サン・ミッシェルには2種類の意味があり、1つはフランスの西海岸サン・マロ湾に浮かぶ「小島の名称」、もう1つはその小島にある「修道院の名称」だとされています。起源は西暦708年、大天使ミカエルのお告げにより建造開始された修道院であり、戦争時には要塞として、革命時には監獄として利用されたという歴史ある建造物です。 カトリックの巡礼地のひとつでもあります。さらに1979年にユネスコの世界文化遺産に登録され、1994年にはラムサール条約の登録地ともなりました。またその美しさは「絶景」と言わざるを得ません。モン・サン・ミッシェルは「海に浮かぶ修道院」とも呼ばれています。 この修道院のあるサン・マロ湾は、ヨーロッパ内でも特に潮の満ち引きが激しい場所で、なんと最大で15メートルにも及ぶとのことです。そのためモン・サン・ミッシェルは満潮時には海に浮かぶとされているのです。


ギザのピラミッド

誰もが知っている世界の観光スポットと言えば、エジプト・ギザの大ピラミッドではないでしょうか。ギザのピラミッドはエジプトの首都カイロの中心部から車で約50分から1時間ほどのところにあります。エジプトを代表する建造物で、海外の有名パワースポットとしても名高い場所です。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット4

壮大で神秘的な姿は一見の価値ありで、強大なパワーがもらえると、多くの観光客を魅了してやまない場所です。さらに世界七不思議のひとつとされ、現在に至るまで多くの学者が研究を続けています。3つのピラミッドを合わせて「ギザの三大ピラミッド」と称されています。 3つのうちで最大なのが「クフ王のピラミッド」です。2番目に大きいのが「カフラー王のピラミッド」で、ピラミッドの入口にはあの有名な「スフィンクス」が建てられています。最も世界で有名なピラミッドはこのカフラー王のピラミッドかもしれませんね。そして最も小さいのが「メンカウラー王のピラミッド」です。これらの巨大なピラミッドを一度に3つも見られるという点は非常に大きな魅力です。3つのピラミッド及びその複合体は、「メンフィスとその墓地遺跡」の一部として世界遺産にも登録されています。


ヴァーラーナシー

インド旅行をして「インド感」を満喫したいのであればヴァーラーナシーがおすすめです。街中を闊歩する牛、決して美しいとは言い難い乱雑な街並み、そしてかの有名なガンジス川、その全てが詰まっているのがヴァーラーナシーです。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット5

ヴァーラーナシーはインド最大のヒンズー教の聖地で、パワースポットとしても人気があります。この街には多くのパワースポットが存在していますが、中でも注目なのが、ガンジス川です。海外旅行でインドを訪れるならここは外せないと言われます。老若男女、多くのインド人たちがガンジス川で沐浴している光景を目にすることでしょう。そこで沐浴をすれば罪を洗い流すことができると信じられています。 現地では「ガンガー」と呼ばれおり、流域の中でもヴァーラーナシーのエリアが最も神聖な場所として崇められているようです。その他人気のパワースポットとしては、「バーラト・マーター寺院」、「ヴィシュワナート寺院」などがあります。これら以外にもヴァーラーナシーでは、ヒンズー教徒の寺院が大小様々点在しています。 また、火葬場「マニカルニカー・ガート」も観光スポットとして有名で、1日中炎が上がっている風景は、なかなか日本にいては目にすることのないような幻想的ともいえる光景です。


泰山

中国の山東省泰安市に、「泰山」という山があります。泰山の歴史は非常に古く、「泰山府君」という神様が祀られており、道教の聖地とされています。健康や病気、寿命、死後の世界などの生死に関することにご利益があるそうで、神聖な場所とされてきました。他にも数々の神様がいらっしゃるということで、非常に強力なパワースポットだと、ここを訪れる方々が後を絶ちません。1987年には、世界遺産にも登録されています。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット6

泰山は豊かな自然が残る中、各時代のすでに失われた文化遺産や記録、現在に至るまで続く道教や仏教などの文化が色濃く残っています。それゆえ、世界遺産の登録基準をすべて満たした「特別な」世界遺産としても注目されました。はるか昔のままの景色が残っているような泰山を登っていると、まるでタイムスリップしたような感覚に陥るとも言われたりします。 宗教的な聖地として多くの建物があり、信仰を集める山ですが、歴代中国の皇帝にとっても泰山は重封禅の儀式の場として重宝されたそうです。秦代以前に、72人の皇帝が泰山に登り、ここで儀式を行ったとの記述もあります。伝説的な話も含まれているようなので詳細は明確に分かりかねますが、それほど泰山が重要な役割を担っていたのだという事は事実と言えるでしょう。


カメ岩

知る人ぞ知る海外のパワースポットと言えばここ、ベトナムのハロン湾、スンソット鍾乳洞にある「カメ岩」です。世界遺産としても有名なハロン湾には鍾乳洞がいくつかありますが、中でも最も大きくパワーがもらえると名高いのが、このカメ岩のあるスンソット鍾乳洞です。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット7

なぜパワースポットとして有名なのかというと、お札やお賽銭を置いてカメ岩の頭をなでると、金運・学業にご利益があると言われているからです。地元の人々、観光客ともにカメ岩の頭をなでようとここを訪れます。お金持ちになりたい、賢くなりたいという願いがあるのならば、ぜひこちらでパワーをもらってきてくださいね。 ちなみにカメは、ベトナムでは幸運をもたらす動物として親しまれています。そのため地元では、カメ岩をなでると交通安全、健康や安産など、多岐に渡るご利益が得られると信じている方々も少なくないそうです。自然の力で鍾乳洞内に生み出されたカメの姿に神秘性を感じるのは当然のことかもしれませんね。スンソット鍾乳洞自体も、中がライトアップされていて非常に美しく魅力的な空間となっているため、観光スポットとしても人気の高い場所となっています。


サンタルーデス

日本から行く海外リゾートの定番、サイパンにもパワースポットがあるのはご存知でしょうか。サイパンのガラパンから車で約20分ほどのところに「サンタルーデス」があります。サンタルーデスは深い森の中にあり、「緑」と「静」に包まれた神秘的な空間となっています。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット8

祈りの場として訪れる方も多く、そこに佇んでいるだけでも心が穏やかになり癒し効果があるとされています。まさにサンタルーデスのご利益として挙げられる、平和・心願成就・浄化の3つが、ただここを訪れるだけでも感じられることでしょう。サンタルーデスは、第2次世界大戦中に信仰の自由を奪われたカトリック教徒たちが、旧日本軍の目を盗んでこの場所で信仰し続けてきた祠です。 そこには、木々に抱かれるようにして聖母マリア様の像が祀られています。祠前には井戸があり、サイパンでは珍しい真水が沸きあがっています。地元の信仰者たちからは「聖水」として崇められており、「奇跡の聖水」や「神の水」とも称されています。 現在でも、地元のカトリック教徒からは暑い信仰が寄せられ、井戸の水も聖水として大切に扱われています。ただ観光に訪れた方でもこの水は飲んでも良いとのことなので、サンタルーデスを訪れることがあれば、口にしてみてはいかがでしょうか。


ハートリーフ

海外旅行だけでなくワーキングホリデーや留学先としても人気の高いオーストラリア。有名なパワースポットがいくつもありますが、今回は恋愛成就・幸運のご利益があるとされるスポットをご紹介します。恐らく写真で目にしたことのある方も多いであろう「ハートリーフ」です。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット9

グレートバリアリーフに囲まれたハミルトン島に存在しています。その名のとおり、ハートの形をしたサンゴ礁です。勘違いされている方も多いのですが島ではなくて、実はサンゴ礁が自然とあのような形になったものなのです。その保護のために、ハートリーフへの上陸は禁止されています。 ですので、このハート型を見たい場合には、ハミルトン島から小型飛行機やヘリコプターに乗り遊覧するツアーへの申し込みが必須となります。カップルに永遠の幸せを約束すると言われるハートリーフですので、ハネムーンなどでは特に人気のあるツアーとなっています。 もちろんカップルでなくても、青く美しい海に浮かぶ綺麗なハート型のサンゴ礁は、死ぬまでに見てみたい絶景の1つです。大自然が作り出した見事なハート型、きっとカップルでなくとも幸運のおすそ分けをしてもらえること間違いなしでしょう。


マチュピチュ遺跡

ペルーで最も有名なパワースポットと言えば、「マチュピチュ遺跡」ですよね。南米で最も人気の高い観光スポットかもしれません。世界遺産に登録されている美しい空中都市マチュピチュには全体に聖なるパワーがあふれていると、世界中から人々が訪れています。

海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット10

マチュピチュ遺跡に足を踏み入れると、浄化・リラックス・癒し・健康などのパワーがもらえると言われています。都市として非常に高度な技術をもって繁栄してきたと推測されているのですが、現在でも都市はきちんと整備されており、標高約2,057メートルにあるような空中都市だとは思えないほどだということです。 この空中都市は、生活圏という面だけでなく、インカの祭祀を執り行う場所という側面も持ち合わせていたようです。とは言えマチュピチュ遺跡についてはまだまだ解明されていないことも多く、そういった神秘性も人々を惹きつけてやまない部分なのかもしれません。 ちなみに現在、マチュピチュ遺跡は遺跡保護のため、1日の入場可能人数が制限されています。旅の計画をされる際には、あらかじめそのあたりを確認しておきましょう。


まとめ

「夏休み!海外に行ったら是非行って欲しいパワースポット10選」、いかがでしたか?足を踏み入れたことはなくても、知っている場所も多かったのではないでしょうか。海外の定番観光スポットというのは、実はパワースポットであることも多く、その地へ訪れるだけでも大きなパワーがもらえることもあります。 是非夏休みの海外旅行には、ただ観光するだけでなくパワーを頂きにいくという目的を持って訪れてみてください。事前にリサーチしていくのも良し、現地の観光案内などで尋ねてみるのも良しです。地元の人ならではの情報が得られるかもしれません。海外という非日常な世界でリフレッシュしながら、たくさんの神秘的なパワーを補給してきてくださいね。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ