パワースポットなのに行ってはいけない?相性と属性が重要!

パワースポットはテレビや雑誌で多くの特集が組まれるほど、非常に注目をされていて人気があります。訪れることによってその地に宿る良いエネルギーを得て、元気になったり幸運を得ることが出来たりすると言われています。しかし多くあるスポットの中には行ってはいけない、行くことによって反対に自分のエネルギーを吸い取られてしまうところがあります。どのようなところに行ってはいけないのか、その行ってはいけない場所をどのように見極めれば良いのかについてまとめています。興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

人は生まれた瞬間から自分がどの属性か決まっている

行ってはいけないパワースポットについて考える際に、知っておかなければいけないのが属性です。この世に存在するものは全て地、水、火、風、空の5大要素で構成されています。そして必ずその中のどれか1つを主として生まれてきます。

それを繭気属性といいます。

もちろんこれは私たち人間にも当てはまるもので、必ず5つのうちどれか1つの属性となっています。

自然の法則に従ってこれらの5つのバランスがきちんと取れている状態であれば、幸運や富、幸せを得ることが出来ると言われています。しかし実際の現代社会では、このバランスが崩れてしまっています。そのために自分の属性と相性のいい神社に行くことで、自然な状態に戻すことが出来ると考えられているのです。では自分の属性はどのように知ることが出来るのでしょうか?

本サイトで調べれる

本サイトでは自分の属性を調べることが出来ます。

ぜひ調べてみてください!

属性を調べる:https://fortune-i.com/

実際に計算してみる

まず自分の生まれた年、月、日を全て1桁に分解します。そしてその全ての数字を足していきます。

その答えをまた1桁に分解して、それぞれを足します。これを繰り返して、最終的に1桁になるまで続けます。

そして自分の血液型がA型であれば1を、B型であれば2を、AB型であれば3を、O型であれば4を計算して出た1桁の数字に足します。

この際にまた2桁になってしまうようであれば、再度分解して、足して1桁になるまで繰り返します。

この数字が1か6であれば地、2か8であれば水、3か7であれば火、4か9であれば風、5であれば空が属性となります。

この属性には相性が良いもの、悪いものがありますので事前に調べておくことをおすすめします。変化するものではなく、どれか1つの必ず決められていますので、一度計算をしてどの属であるのかを知っておくようにしましょう。

パワースポットとなる土地にも属性がある!

私達人間に属性があるのと同じように、パワースポットとなっている土地にも基本的には属性があります。自分の属性と相性の良いところに行くことによって、よりパワースポットが持つご利益をいただきやすくなると言われています。属性は地属性、水属性、火属性、風属性、空属性の5つとさえれていますが、中にはそのどれにも該当しない無属性のパワースポットというものがあります。

無属性のところは相性という概念はありませんので、どの属性に属している方であっても気にすることなく行くことが出来ます。パワースポットの属性には、私達自身の属性を調べたの同じような導き出すための計算式があるというわけではありません。

どのように決められているのかは分かりませんが、既に決められた属性というものがあります。インターネットで調べると、まとめているウェブサイトは沢山ありますし直接問い合わせをしても教えてもらうことが出来ますので行かれる前にチェックしてみると良いでしょう。参考までに縁結びで有名な出雲大社や観光地としても人気の浅草にある浅草寺の属性は地、天照大神を祭る伊勢神宮や京都の観光名所である清水寺の属性は水、富士山や厄除けで有名な川崎大師の属性は水、登山スポットである高尾山や初詣の名所である成田山新勝寺の属性は風、日光東照宮や東京タワーの属性は風です。

そして恐山や神田明神、高千穂などはどの属性にも属していない無属性の場所になります。観光のついでに訪れるという際に相性の良くないスポットに行ってしまうことが無いように、注意するようにしましょう。

パワースポットと自分相性を確かめる。

パワースポットを訪れてその地に宿っている力からご利益を得ようとするのであれば、自分の属性とパワースポットの属性の相性が良いかどうかをチェックしてから訪れることをおすすめします。繭気属性の5つの属性には、相性の良いものと悪いものがあります。相性の良いパワースポットに行くことによって、パワースポットが持つ力を最大限に吸収して運気を上げることが出来ると言われています。

その一方で属性の相性が悪いところに行ってしまうと、良い力を吸収することが出来ないだけでなくむしろ自分の持っている力を吸い取られて運気が下がってしまうこともあるとされています。そういったことから、パワースポットには行ってはいけないところがあると言われているのです。

5つの属性の相性は、五角形の頂点にそれぞれの属性が配置された図を見ることで見極めることが出来ます。隣り合っている属性同士は相性が良くなく、対角線上にある属性や同じ属性同士は相性が良いのです。つまり自分の属性が地の場合には地、火、風が属性のところとの相性が良く水、空の属性のところとは相性が良くありません。自分の属性が水であれば水、空、風が属性のところとは相性が良く、地や火のところとは相性が良くないです。

自分が火に属しているのなら火、地、空が属性のパワースポットとの相性が良く、水や風が属性のところとの相性は良くありません。そして自分の属性が風であれば風、地、水が属性のスポットとの相性が良く火と空に属しているスポットとの相性は良くないです。さらに自分が空に属しているなら空、火、水が属性の場所との相性が良く風と地に属しているところとの相性は良くないということになります。

行ってはいけないとされる自分の属性との相性が悪いパワースポットに行ってしまうことが無いように、事前にしっかりと調べて確認しておくようにしましょう。もし複数人で行く場合など、相性の良くないパワースポットに行かざるを得ないという場合にはお守りを身につけていくようにします。そうすることによって、自分の運気が下がってしまうことを避けることが出来ます。

まとめ

強いエネルギーが宿っている土地や神社などのパワースポットは、多くの人がご利益を求めて訪れるところです。テレビや雑誌などでも良く特集をされており、巡ることを趣味としている人もいます。その地に宿っている強いエネルギーからご利益をいただいて、自分の運気を上げたり元気になったりすることを期待して人々はパワースポットを訪れます。しかし中には行ってはいけないところがあるということを、知っておく必要があります。

誤ってそういったところに行ってしまうと、ご利益や力を得ることが出来ませんし反対に自分の持つ力を吸い取られてしまい運気が下がってしまうこともあるのです。それを見極めるポイントとなるのが、属性です。私達人間も、パワースポットとなっている土地も必ず地、水、火、風、空の5つのいずれかに属しています。そしてその5つの属性の間には相性の良いものと、良くないものがあるのです。この相性の良くないところというのが、行ってはいけないパワースポットと言われるものです。自分の属性は計算で導き出すことが出来ますので、必ず事前に確認をしておくようにしましょう。

パワースポットとの相性を調べる

パワースポットには、繭気属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分の繭気属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポット相性調査 ≫

おすすめ占いランキング

恋愛運、仕事運、金運などこれからの人生を豊かに過ごすために、パワスポが厳選する占いを試されてみませんか。
パワースポットと相性なども分かるかも。

占いランキング

おすすめ占いランキング ≫

運気アップ!スピリチュアルアイテム

パワーストーンや開運グッズ等、パワスポ編集部が独自の目線でアイテムを集めました。
運気アップの一助となれれば幸いです。

運気アップグッズ

運気アップ!おすすめアイテム ≫

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ