パワースポットとは?その定義と種類について解説

「パワースポットとは何か?」という部分については意外と、専門家の間でも定義が分かれているようです。ただ、訪れた人のエネルギーを浄化してくれるという点は間違いなく、あなた自身の疲れた心と体を存分に癒してくれるのは確実です。 この記事ではまず、「パワースポットとは何か?」という基本的なところから解説し、パワースポットを訪れる際の注意点についても詳しくお伝えしていきます。


パワースポットとは

パワースポットとはもともとはスピリチュアルの世界で用いられていた用語のひとつで、一般的には「霊魂などにより絶えず保護され、足を踏み入れるだけで不思議なエネルギーを取り入れられる場所」とされています。

パワースポットの定義1

具体的なパワースポットとしては滝や湖、渓谷など、自然に囲まれたエリアが多く、パワースポットで写真を撮るだけで自然と後光がさすなど、科学では決して説明ができない超自然的な現象も実際に確認されています。 パワースポットとゆかりの深いキーワードに、マインドフルネスがあります。瞑想、物忘れ、マインドフルネスにおいて最も特徴的なキーワードは瞑想であり、本格的なスタイルでは実際に決まった姿勢で瞑想が行われ、心身を落ち着かせるメソッドがいくつか提案されています。 しかし、瞑想は一形態に過ぎず、忘却点に達することが本質であると一部の専門家は指摘しています。瞑想と終結に基づくマインドフルネスは仏教と東洋思想に基づいています。仏教における最後の喜びは悟りです。宗教的な色を取り除いて悟りを目指すわけではありませんが、瞑想による忘却の境界がひとつの達成点であるところに、東洋思想との共通点があります。 パワースポットやマインドフルネスが仏教のように東洋的であると言われる大きな要因は、その内部に不合理性を保持しているためです。すべてにおいて合理性を追求する西洋的思考とは異なり、東洋的思考は、合理的で不可分な精神性への追及を模索しますが、それは混沌とした現代社会においてこそ重要な役割を果たします。 一方で、マインドフルネスを一種の科学と見なすと、特に集中力の向上という点で、脳にプラスの効果が現れるというデータがあります。フォーマルな方法で瞑想を一定期間行うと、脳内で集中して分泌される神経伝達物質の濃度が高まり、長期的に物事を予測する能力が高まると認識されています。毎日忙しい海外のビジネスマンの多くは日常生活の習慣に瞑想を意識的に取り入れ、難しい決断に必要な思考力を身に付けることで集中力を高めているようです。 科学的に有効であると認識されているパワースポットやマインドフルネスには一方で否定的な評価もあります。多くの批評家によると、パワースポットやマインドフルネスは薬物またはリハビリも扱わないのでそれが一種のプラシーボ効果であると言われるのも事実です。しかし、東洋医学では、精神疾患に対する治療への影響を積極的に評価しています。


パワースポットの種類

パワースポットはしばしば心理療法と比較されます。一般的な心理療法は、森田療法のような療法であり、その効果はパワースポットに似ていますが、治療を目的としているという点で根本的に異なります。

パワースポットの定義2

パワースポットは心理療法ではなく、むしろ、パワースポットの役割は、健康な状態から精神疾患を引き出さないように心理的バランスを保つことであると言えます。パワースポットの効果を最大限に引き出すには、正式な方法を習得することが不可欠ですが、フォームにこだわるあまり肝心のリフレッシュ効果が得られないのでは、それこそ本末転倒です。たとえそれが正式な方法でなくても、本当の意味でリフレッシュできる時間を定期的にもてるのであればあなたにふさわしいパワースポットといえるのではないでしょうか。


パワースポットの効果

薬物療法などの西洋医学的な思想とは一見無縁そうなパワースポットは、初心者には理解しにくいかもしれません。しかし、一度でもパワースポットの効果を経験したことがあれば、肌の感覚でそれを実感できるかもしれません。たとえそれがほんの一種の気休めであったとしても、実際それ自体は途方もない奇跡による現象です。

パワースポットの定義3

パワースポットは、東洋の宗教や霊性と関連してしばしば言及されているので、まったく知識がない初心者には「宗教的すぎてとっつきにくい」と思われるかもしれません。しかし、少なくとも元来のパワースポットの意味に宗教的な色はなく、東洋思想における本質的な精神性もありません。パワースポットでの瞑想は集中力を高めますが、それは仏教における悟りの道というよりも、むしろ静かな環境に身を置き、脳をリセットすることに焦点を当てています。パワースポットは、毎日忙しい現代の人々にとって不可欠な癒しの空間であり、多くの人々は定期的な瞑想によって新鮮なアイデアを引き出すことが可能になったと言います。 もちろん、精神的な影響だけではありません。免疫活性化などの健康への影響もパワースポットを取り入れることによって得られる可能性があり、近年、癌や感染症の予防に役立つことが研究されています。 正式な方法でなくても、日常の生活の中で毎日5分だけ徹底的に情報を遮断する時間をつくるだけでも気分転換につながります。形式的な方法に縛られることなく、あなたにとって心から安らげるパワースポットを見つけ、ストレスのない人生を送ってください。


パワースポットに行くときに気をつけること

パワースポット研究を専門とする協会は、パワースポットを訪れる時間、場所、姿勢、瞑想に適した服などの規則を詳細に定義しています。パワースポットにいくつかの種類がありますが、すべてに共通している注意点は「自己を捨てる」ことです。日常の邪念を捨て、日常生活から遠く離れた場所にいると、脳がリセットされ、心と体の両方がリフレッシュされます。

パワースポットの定義4

パワースポットは、東洋の思想に由来するので、しばしば坐禅などと比較することができます。座禅とパワースポットは、静かな空間で自己と向き合うことによって集中力を高めるという意味では確かに共通していますが、基本的な目的は大きく異なります。 座禅の目標は最終的に真実を追求することですが、パワースポットのほうは脳を空白にすることに力点が置かれており、したがって、パワースポットに目標はありません。言い換えれば、あなたが脳と心がリフレッシュされるのを感じるとき、それこそがパワースポットの成功と言えるのです。


パワースポットに行く前に効果的な厄除け方法

スピリチュアルの世界では、パワースポットを訪れる前に厄払いをすませておくことでそのエリアから得られるスピリチュアルエネルギーを最大限に高められる効果があるとされています。

パワースポットの定義5

一般的に厄払いは厄年の前後に行うのが良いとされており、男性であれば25歳、42歳、61歳、女性なら19歳、33歳、37歳、61歳の年に厄払いの儀式をすませるのが本来的な慣例とされてきました。 現在では厄払いの意味合いもかなり形骸化していますが、神社やお寺などに行けば基本的にいつでも厄払いの儀式を受けることができ、やがて来る厄年を無事に過ごすことができます。 厄払いにおいては定まった様式はありませんが、最低限の服装については暗黙の了解が広まっており、やはり神事なのですからTシャツにジーンズという極端にラフな格好では入場そのものを断られる場合があります。 また、厄払いには一定の料金がかかり、3000円から10000円まで幅が広いため、地域ごとのおおよその相場についてリサーチしておくと戸惑わずにすみます。


まとめ

パワースポットとひと口に言っても種類はさまざまです。ひとつのパワースポットが自分に合わないからといってスピリチュアルエネルギーに合わないというわけではなく、別のエリアのスポットに行くことで人生が一気に開けた、というエピソードも実際にあるようです。パワースポットを訪れる前に、マインドフルネスや厄払いの知識を得ておくことでよりいっそう神聖なエネルギーを取り入れやすくなるとも言われています。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ