【仕事運】【縁結び】江戸時代から人気パワースポットの神田明神!!【東京都】

 仕事運アップ

江戸時代から江戸幕府や庶民にも愛され現在も人気のあるパワースポット。

一度は、訪れてみたいスピチュアルスポットです。

kandamyoujin01

由緒

江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。

そして今もなお、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様として、江戸の素晴らしき伝統文化を保ちつつ、それでいて絶え間なく発展と創造を繰り返す、この東京都心をお守りいただいております。
神田明神の氏子町である東京108の町は、江戸と東京の生活や文化が凝縮された町々です。

 神田―元祖下町、江戸っ子たちの血を受け継ぐ町々
 日本橋―老舗が集まる江戸の衣食住の文化を伝える町々
 秋葉原―世界が注目する最先端のITの宝庫、またサブカルチャーの街々
 大手・丸の内―日本を代表する大企業がひしめくビジネスマンの街々
 旧神田市場(大田市場)・築地魚河岸市場という江戸東京人の食を支える続ける市場

伝統と創造を併せ持つ、これらの町々を常に見守り続ける明神様。

公式サイト

勝負の神

神田明神(平将門命)が祀られていいます。「関東の祟り神」「勝負の神」として強力なパワーを放つスピチュアルスポットです。
神田明神(平将門命)の氏子・崇敬者は、成田山新勝寺(将門公を滅ぼした護摩祈祷の地)の参拝はタブーとされていますので注意しましょう。

 正式名称  神田明神(かんだみょうじん)
 主祭神 大己貴命(オオナムチノミコト、だいこく様)他
 ご利益 仕事運・縁結び
 創建年 730年
場所 東京都千代田区外神田

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

スポット判定

コメントを残す

このページの先頭へ