【神奈川県】横浜中華街のど真ん中のパワースポット!

横浜にある三国志の英雄、「関羽雲長」が主神として祀られている廟

関帝廟は、横浜の中華街の中心に位置する場所にあります。
横浜中華街を訪れたことがある人で、関帝廟を知らない人はいないと断言できるほど、関帝廟は目立つ場所にあり、その外観はとても印象に残ります。関帝廟に祀られている主神は、三国志に登場する関雲長。

劉備や張飛と義兄弟の契りを交わしたことで有名な戦国武将です。
関帝廟の御利益は、交通安全、商売繁盛、学問や合格祈願です。

関羽は商売繁盛の神様?

関雲長は、武将として名高いだけではなく、商売にも精通しているため、このような御利益があるとされています。
関帝廟は、風水的な考えの基に建立されており、横浜の関帝廟の位置は、風水的にとても良い場所にあるそうです。関雲長のパワーと風水のパワーの両方を受け取ることができるため、神奈川県随一のパワースポットと言っても過言ではないでしょう。

・最後に

関帝廟は世界中のチャイナタウンにあることはご存知でしょうか?チャイナタウンの発展には、関帝廟の存在を欠かすことができない、というのが中国人の考え方です。世界中にチャイナタウンがあるのは、関帝廟のパワーのおかげかもしれませんね。横浜の中華街でお腹をいっぱいにしたあとは、関帝廟で精神的に満たされることをおすすめします。

コメントを残す

このページの先頭へ