摩周湖から伏流水によって出来た御池 神の子池

奇跡のコバルトブルーの池

神の子池は、摩周湖から伏流水によって出来た御池です。
奇跡のコバルトブルーの池、神からの贈り物、神の作った池などと呼ばれ、先人達は、この御池を神様からの贈り物に違いないと思い、神の子池と呼ぶようになったそうです。
日に12000トンもの伏流水が流れこむことから、水のエネルギーを直に感じることができるおすすめのパワースポットです。
しかし、ここまで聞けば大きな御池かと思われるかもしれませんが、神の子池は周囲220m水深5cmの小さな御池です。
小さな御池に水のエネルギーが凝縮されているのです。

水底の倒木も腐らない?

神の子池の周囲には、遊歩道が設置されており、パワースポットを楽しむ環境は整っていると言えます。
神の子池は、直に水のエネルギーを感じたい方に強くおすすめするパワースポットです。
水温で年間を通して5℃と低めなため、水底の倒木も腐らずに化石のように佇んでいます。
化石のような倒木とコバルトブルーの水色がとても神秘的で、パワースポットとしてだけではなく、景観のひとつとしても楽しむことができるのが、神の子池の魅力でもあります。

・最後に

神の子池は、摩周湖との距離が近いことから、摩周湖と神の子池をセットに楽しむ方が多いパワースポットです。
摩周湖も神の子池も水のパワースポットとしての力を持っているので、水の強いエネルギーを感じたい方におすすめのパワースポットです。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。 当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ