【運気アップ】日本最古の神社。パワースポット幣立神宮!!【熊本】

日本最古の神社として最強のパワーを放つ「幣立神宮」

熊本県上益城郡山都町に鎮座する神社である。
社伝によれば、神武天皇の孫である健磐龍命が、阿蘇に下向した際この地で休憩し、眺めがとても良い場所であると、幣帛を立て天神地祇を祀ったという。

その後、延喜年間(901年 – 923年)、阿蘇大宮司友成が神殿を造営し伊勢両宮を祀り幣立社と号した。
天養元年(1144年)には、阿蘇大宮司友孝が阿蘇十二神を合祀し大野郷の総鎮守としました。

現在の社殿は、享保14年(1729年)、細川宣紀により改修されたものであり、明治6年(1873年)、郷社に列しました。
なお、天孫降臨の伝承を持つ高千穂にも近く、他にも神話、伝承などが伝わっています。

樹齢6000年といわれる巨杉

神社周辺は「幣立の森」とよばれる森があります。

幣立の森では多くの杉があり自然のパワーを感じれます。
その中には樹齢6000年と言われる巨杉が君臨し、太古のパワーを強く感じれるスポットで有名です。

神霊は自然の中に息づくといわれますが、この森に身をゆだねていると人間は生きているのではなく神様に生かされているのだという自然界の仕組みを感じることができるので、是非ここで時間をとって佇み自然界のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。 当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ