【国宝】聖徳太子も感じた特別な力!パワースポット石上神宮(いそのかみじんぐう)【風属性】

聖徳太子と石上神宮

石上神宮(いそのかみじんぐう)は、日本最古の拝殿と多くの国宝と重要指定文化財に指定されている神社です。
奈良県天理神に鎮座しており、さまざま逸話や伝説が残っています。
中でも聖徳太子に関する伝説が有名で、聖徳太子がくぐったときに、特別なエネルギーを感じたそうです。


「wikipediaより」

力強いエネルギーが得られるパワースポット

御祭神は、布都御魂大神(フツノミタマオオカミ)御神体として神武天皇の国土平定に偉功をたてられた神剣「韴霊(ふつのみたま)」、鎮魂にかかわる神宝「天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)」 、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した神剣「天十握剣(あめのとつかのつるぎ)」が祀られています。
さらには、国宝七支刀(しちしとう)を始めとする、盾、勾玉、管玉などの重要文化財が収蔵されています。
これだけの文化財が奉納されていることから、強いパワーを持っている場所なのは間違いありません。
石上神宮のパワースポットとしての御利益は、力強いエネルギーが得られるそうです。

国宝七支刀

石上神宮では国宝七支刀が収蔵されていることから七支刀のお守りや御朱印もあります。
お守りの御利益は「起死回生」
七支刀の御朱印は700円でもらうことができます。


「Wikimediaより」

・最後に

石上神宮は風属性と相性の良いパワースポットです。
石上神宮で得られる力強いエネルギーは、畏れにも似た強い力なので、鳥居を出たときは、ほっとする人もいるそうです。
できるだけ体調が整っているときに参拝することをおすすめします。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。 当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ