【愛媛】試しの鎖が有名!西日本最高レベルのパワースポット石鎚山【地属性】

山伏の修行の場、石鎚山

西日本最高レベルのパワースポットと呼ばれる石鎚山。
古くは弘法大師空海も修行したと言われていて、修行するために山ごもりをする山伏が多くいることでも有名です。
ここではそんな石鎚山のパワースポットとしての魅力を紹介しています。

石鎚山を御神体とする石鎚神社

石鎚神社は、名前のとおり石鎚山に鎮座する神社です。
石鎚神社を御神体としていることから、参拝するためには石鎚山を登山する必要があります

口の宮・本社、中腹には中の宮・成就社、山頂に奥の宮・頂上社。
そして土小屋遙拝殿の4社を総合して、石鎚神社と呼びます。

石鎚山は日本七霊山にも数えられていて、神変大菩薩役小角(えんのおづの)によって開創したと伝えられています。
絶対に続けていこうという、強い意思を与えてくれるので、新しい物事にチャレンジしたり、何かを始めたばかりの人におすすめのパワースポットです。

山頂の奥の宮は神聖な場所

石鎚山の山頂にある頂上社は、石鎚大神御降臨の地として、現在でも神聖な場所とされ、多くの人に崇められています。
山頂への参道は、鎖の行場で名高い試しの鎖、一ノ鎖、ニノ鎖、三之鎖が掛けられています。

鎖の合計距離は200メートルを超え、険しい岩場に掛かるこの鎖にすがるときこそ、邪心を捨て、無我の境地を体験できると言われています。

命がけじゃないと頂上社に参拝できないの!?と思った方は安心してください。
現在は安全なルートでも参拝できますので、体力に自信がない場合は、安全なルートで参拝することをおすすめします。

石鎚山のパワースポット

石鎚山全体がパワースポットと言っても過言ではありませんが、強いて言うなら、石鎚神社全体がパワースポットとなっています。
石鎚神社の4社を巡るころには、体内に良い気を取りことができます。

ただ、頂上社までロープウェイを利用しても、3時間程度の登山は必要になります。
4社全て巡ろうとするなら、それなりに時間が掛かりますし、体力も必要不可欠です。
事前に登山の準備をしっかり行ってから臨みましょう。

・最後に

石鎚山は古来より神聖視されてきた、由緒正しいパワースポットです。
愛媛県内では、ここに勝るパワースポットはないと言ってもいいでしょう。
石鎚神社を全て周る頃には、身体は疲れているけど、自然と元気が湧いてくるでしょう。

お出かけになる際は、体力勝負になりますので、体調を整えてから向かうと良いですね。
また、登山中に体力的に厳しいと感じたら無理はせず、下山することをおすすめします。

コメントを残す

このページの先頭へ