【地属性】石庭の石が不思議!パワースポット龍安寺【京都】

地属性のパワースポット龍安寺

訪れることで心・気持ちが癒されるパワースポットは、全国各地に存在しています。
とりわけ多いのは京都のような特別な地です。
たとえば、龍安寺にも訪れておくべきパワーポイントがあります。地属性を意識して訪れることが大切です。

龍安寺の由来

京都には非常に多くの寺社があり、日本人であれば一度は訪れたことがあるという人が多いです。
人によって、どこが好きでどこが嫌いかが分かれていて、そのような話をするだけでも楽しい気持ちになることができます。
寺社を訪れるに当たっては、そこの由来がどのようなものなのかを知っておくことが大切です。
よく分からないまま訪れても問題はないのですが、由来が分かっていれば注意して見るべきポイントが理解しやすくなります。

京都を訪れた人々を魅了してやまないのが龍安寺です。
龍安寺といえば、複数の石が並んでいる庭園を真っ先に思い浮かべる人が少なくありません。
この龍安寺が建立されたのは室町幕府の時代でした。
応仁の乱が発生したことで焼失し、再興されたという歴史があります。
龍安寺というと、日本人の間で注目されている寺社というイメージが強いですが、イギリスのエリザベス2世が日本を訪れた際に龍安寺の石庭を高く評価したことで、世界的にも知られています。

龍安寺のパワースポットについて

龍安寺のパワースポットは、なんといっても石庭の部分です。
この石庭を見なければ、龍安寺を訪れた意味がないといっても過言ではありません。
石庭には15の石が作られているのですが、15の石を全て同時に見ることはできないという特徴があります。
さまざまな角度から見ようと試しても、どうしても1個が隠れてしまう設計になっているのです。
この不思議な状況が神秘的で、パワースポットとして注目を集めるようになっています。

なぜ15の全てが見えないように設計されているのかには諸説あるのですが、もっとも基本的な考え方には人間の不完全性を表しているというものが挙げられます。
どれだけ完璧に見える人間も、何らかの欠点はあるもので、決して完全ということはありません。
そのことを強く自覚できるようにというのが、龍安寺の石庭に隠された謎なのではないかと考えられます。
じっくりと考える機会になることが、パワースポットとして注目を集めている大きな理由です。

京都の龍安寺には、一度は訪れておくべきパワースポットの石庭があります。
地属性を意識しながら歩いてみることが大切です。
人間には完全ではない部分があることが隠れている石庭は、パワースポットとして申し分ありません。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ