【地属性】世界遺産!霊的パワーを感じられる五百羅漢!パワースポット石見銀山【島根】

世界遺産石見銀山

2007年に世界遺産に登録された石見銀山は、歴史的に重要な土地でもあり、また有名な温泉地ということで日本だけでなく世界から観光客が訪れる場所です。
そこには神秘的な力も宿るパワースポットとしての一面もあります。そこでその魅力を詳しく見ていきましょう。

石見銀山の由来

石見銀山の歴史を見てみると、最初は鎌倉時代に銀が出ることがわかりました。
それから室町時代、安土桃山時代と経て江戸時代にかけて有力者たちが奪い合い、その資金源としてきたのです。
17世紀前半には、世界で銀の採掘量を見たとき、およそ三分の一が日本が占めていました。
さらにその時の日本の銀の採掘量の割合を見てみると、年間で200トンを産出していた中で石見銀山はおよそ38トンを掘り出していました。
その数字を見れば、どれだけ重要な場所であったのかわかります。

しかし江戸時代になってくると、徐々に産出量は減っていきます。
明治時代になって海外から優れた採掘技術も入ってくるわけですが、銀ではなく銅の生産にシフトしていきます。
第一世界大戦のために銀と銅を増産するのですが、戦後銅が値下がりして鉱山の管理をしていた会社が経営不振となり休山されることになりました。
その後、昭和になって史跡となり、平成にかけて観光地化が進み2007年に世界遺産に登録されることになります。

石見銀山のパワースポットについて

日本の経済を支えた重要な石見銀山ですが、そこで採掘を行う鉱夫たちにとっては厳しい環境であったために、落盤で命を落としたりガスが発生して亡くなる人がかなりいました。
そのために安全に採掘が出来るようにといくつもの神社・仏閣が建立されました。

パワースポットとしておすすめできるのは、羅漢寺というお寺です。
月海浄印が銀山で働いて亡くなった人と先祖のために創建したお寺なのですが、世界遺産そして国指定文化財に指定されている五百羅漢は多くの人の信仰を集めています。
岩盤にずらりとならんだ五百羅漢中には、自分や知っている人に似ている顔があるといわれています。
そんな五百羅漢に平穏無事に暮らしていけるように祈れば、きっとご利益があることでしょう。
また、羅漢寺には弁天池もあり、銭洗いをすることでご利益が得られるとされています。

ちなみにパワースポットとして石見銀山は地属性だとされています。
訪れるならば自分の属性との相性を調べれば更に楽しめることでしょう。

魅惑的な銀を夜に送り出してきた石見銀山は世界遺産にもなったことで、世界から注目されている場所です。
そこには五百羅漢のように霊的な力を感じられるパワースポットもあります。
地属性に対して相性が良い方ならば、観光のついでにいろいろと巡ってみたらご利益を得られることでしょう。

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定はこちら

スポット判定

コメントを残す

このページの先頭へ