パワースポットとして最強?日本の巨木たち

日本には多くの巨木があり、国の天然記念物や信仰の対象にされていたりします。

巨木は自然エネルギーを多く蓄積しているためパワースポットとしての力は絶大です。

今回は日本にある巨木の中でも特にパワーを秘めているものをご紹介します。

 

蒲生の大楠(鹿児島)

蒲生の大楠は日本一の巨樹で国の特別天然記念物に指定されています。

蒲生八幡神社境内にあるこの楠は樹齢約1,500年、根周り33.5メートル、目通り幹囲24.22メートル、高さ約30メートルあります。

日本一の木というだけあり、迫力満点で圧倒されますが下から見上げると非常に神秘的に見え、心が落ち着きます。

 

阿豆佐和気神社の大クス(静岡)

静岡県熱海市にある阿豆佐和気神社の大クスは、

樹齢約2000年といわれており。国の天然記念物に指定されています。

来宮神社境内にあることから大来宮のスギとも呼ばれています。

環境省の調査では蒲生の大楠に次いで2番目に大きい巨樹となります。

 

武雄の大楠(佐賀県)

武雄の大楠は樹齢3000年とまで言われており、佐賀県随一のパワースポットです。

根元に空いた穴は12畳ほどの広さがあり、天神様が祀られています。

武雄の大楠は全国6位の巨木です。

 

柞原八幡宮の大クス(大分)

4万坪の広大な境内を誇る柞原八幡宮にある全国7位の巨木が柞原八幡宮の大クスです。

柞原八幡宮は由緒正しき神社で、

本殿、申殿、拝殿、楼門、東西宝殿、東西回廊、西門、南大門の10棟は国の重要文化財に指定されています。

そして、巨木も国指定の天然記念物に指定されています。

境内の参道の石畳に、踏めば願いが叶うと古くから言い伝わる

「幸運の扇石」二枚が敷かれています。是非、扇石を探してみてください。

 

奥十曽のエドヒガン(鹿児島)

こちらの江戸彼岸(エドヒガン)は桜の中で全国1位の大きさを誇り、

桜以外の木も合わせると全国3位の巨木です。

昭和52年に営林署員で植物研究家の杉本正流によって発見され、

昭和61年に学術的に貴重なため周囲5.6ヘクタールが学術参考保護林に指定されました。

樹齢:約600年 高さ:28メートル 根廻り:21メートル 

 

縄文杉(鹿児島)

世界遺産の屋久島にある縄文杉は日本で2番目に大きい杉の木です(計測方法によっては1位)。

特別天然記念物に指定されております。

樹齢は2000年~4000年と言われており定かではありません。

縄文杉を見るためには8~10時間ほど登山が必要であるため実際に見たことのある人は少ないようです。

 

三川の将軍スギ(新潟)

日本で一番大きい杉の木がこの将軍杉です。国の天然記念物に指定されています。

ただその形状から測量方法が難しく、

横枝の出ているすぐ下を計測すると、14m強の数値になり縄文杉より小さくなります。

推定樹齢1400年から考えても縄文杉の方が大きいかと思います。

根元の近くから6本の大支幹に分かれていますが真ん中の1本は昭和36年の台風で折れてしまいました。

 

北金ヶ沢のイチョウ(青森)

日本一大きいイチョウの木です。

幹から垂れ下がっている乳房に似た形をしている気根に触れると、

母乳の出がよくなると言い伝えられていることから、「垂乳根の公孫樹」とも呼ばれています。

樹齢が約1000年で四季折々のきれいな色に変わるためいつ見に来ても楽しいです。

日本一の銀杏を食べてみてはいかがですか?

 

まとめ

楠、杉、桜、イチョウの木をご紹介しましたが

日本では特に楠が大きくなりやすく日本の巨木ランキングには多くの楠がランクインしています。

ヒノキの匂いにはリラックス効果や疲労回復効果もあるためパワースポットシテでだけでなく、

庭に植えて成長を楽しむのも良いかもしれませんね。

 

パワースポットの相性は必ず調べておきましょう。

パワースポットには、属性による相性があります。
当サイトではあなたの属性と最適なパワースポットを調べることが出来ます。
まだ自分のパワースポットの属性を知らない方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポット判定

パワースポットランキングはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ